totoBIGの攻略にサッカーの知識は要らない?

totoBIG攻略にはサッカーの知識は必要ないのか?って事ですけども、実はサッカーを知っている人も知っていない人もそこまで攻略法は変わらないんです。
もし、totoBIGを攻略しようと思っていてもサッカーの知識がないから・・などと思っている人がいれば諦めないで下さいね。
サッカーの鉄板試合の予想に必要なもの、それはサッカーの知識ではなく。毎回、販売時にtotoBIGの公式サイトで公表されているtotoBIGの各試合の投票率を参考にするだけでいいのです!だからサッカーの知識が無くても最近のサッカー状況を知る事が出来ます。
むしろ、知りすぎてて細かい事まで考えて攻略どころか、裏の裏までかんがえてしまうよりは、初心者が最近のサッカーチームの状況を調べて直感と、少しの予想でシンプルに考えたほうが当たるのかもしれませんしね。
さっきの投票率は、競馬で言うところのオッズのようなもので、totoBIGを予想して投票している人たちが、どちらのチームの勝ちが順当であると考えているかがわかるやつです。 その投票率で支持率が80%を超えるような場合は、期待に応えて勝ちに予想されたチームが勝つ場合が多いのです。

totoBIGのバラ買いを攻略しよう

totoBIG攻略も色々ありますよね!その中でも私が思うに一番現実的な攻略が、バラ買いだと思います。よく週刊誌やスポーツ新聞などでも扱われている「ネットでバラ買い法」しってますか?totoBIGをかっているけど、その攻略法は知らないという方はちょっと試してみたらいいかもしれませんよ。
そのtotoBIGバラ買いの攻略ですが、まず、自分の欲しい数字の配列を決める。その配列を勝負BIGといい、買ったものがそれかどうかを確かめながら買うことをバラ買い攻略といいます。
バラ買い攻略ですが、totoBIGの場合、まずは、1口ずつ購入して出てきた数字を確認しながら買う方法が、「バラ買い」になります。
単純にサッカー知識などがなくても、totoや、totoBIGの予想サイトなどで今回アタリそうな数字の組み合わせを知ることはとても簡単ですので、そのなかでも鉄板とされている試合の部分が予想の数字と同じならば、そのくじは1等に当せんする確率が高いという事になります。まずは自分で予想してみて、その予想サイトと比べてみて決める事でもいいでしょうね。よそうの数字が決まったら、その配列に近いBIGかどうかを、都度確認しながら購入してください。それがバラ買いになります。
簡単に言うと、予想して、そのチケットになるまで買い続けるという事になります。

totoBIGの攻略はスタッフに聞く?!

なんでも、何か聞きたい事があると、その道の人に聞きなさいというように、totoBIGの攻略はtotoBIGを販売してる人に聞くのが一番いいのではないか?という事です。それは間違ってないし、totoBIGの売り場の人がtotoBIGの最近の情報をわからないわけが無いからです。
totoBIGの売り場のスタッフさんは、totoBIGの情報に詳しい場合が多い。人の意見を聞きながら購入したいときは、totoBIG売り場に出かけて見てください。思わぬ攻略にもなるかもしれません!
そんなしつこく何がいいの?などと聞いても、答えてもくれませんし、いやになります。そんなことではなく、どういうのが当たっているかとか、時間帯など、色々と聞く事はいっぱいあります。基本的な所から攻略していくのが一番です!
でも、totoBIGの購入者が殺到していて列ができている場合などに、スタッフの方と会話したり、1口ずつ購入して番号を確かめて買い増していく方法などはあまりお勧めできません。と言うかそれは攻略じゃなくて迷惑です。
そんな場合には、インターネットで攻略、購入するといいですよ。インターネットなら買い増しをする場合でも、自分のペースで人に迷惑かけずに数字配列を確認しながら購入し続けることが可能ですしね。

totoBIGの攻略見つけたよ!

まさかとは思ったけどありました!totoBIG攻略!!
totoBIGは毎回購入してるけど、全然当たった事がないので、ネットでちょっと検索してみたら、攻略サイトいっぱいあるじゃないですか!
そこで、今回は私と同じような人のために、そのtotoBIGの攻略法を伝授したいと思います!!信じるか信じないかは人それぞれですので、まっ、そこまでは気にしません。
実は、totoBIGの数字「0」「1」「2」であることがデーターで表されたそうです。
とりあえず『1』は出現率が非常に高い!!
実際に、totoBIGの2003年以降のデータを参照してみると、試合結果での「0」「1」「2」の出現率は
「1」の出現率=43.8%「0」の出現率=24.3%「2」の出現率=31.7%
となっています。
そこでこの平均的な出現率を鑑み、実際の試合結果のなかで、「1」「0」「2」のバランスを分析してみると、
「1」=5〜7個「0」=2〜4個「2」=4〜6個となったそうです!
これが、『1』『0』『2』のバランスと覚えておけばそれをふまえて自分の予想も足して考えてみると正解に近づくかもしれません。

スポンサードリンク